さて、困ったものです。

鏡で見た自分がすごくかっこいい/可愛いのでちょっと自撮りして見ようものなら。。。

なんじゃこりゃーーー!

と思って撮った写真を速攻削除して鏡で自分を再度チェック。

するとさっき確認したようにやっぱりなかなかいけてる。

どうしてこんなことが起こるんでしょうかね。

スマホ(iPhoneも)だと面長になったり鼻が大きくなったり。

多くの人はブサイクで撮れた写真が本当の自分だと思い込んで、出かける用事があったのにキャンセルしたくなるくらい凹んだりするんじゃないでしょうか。

僕も経験がありますが、これはいたって普通のことだそうです。

つまりスマホに使用されているカメラは殆どが面長になったり、パーツがでかく間伸びしたように映るそうです。

スマホに使用されているカメラはインカメもアウトカメもより広角度で写真が撮れるように広角レンズになっています。

つまり顔の中央が大きく長くなりおでこ、頭部や首元が小さくなるように撮れるわけです。

そして極め付けは遠近感が強調されるため、目が小さめの人はより小さく、鼻が大きめな人はより大きく、余計なお世話をしてくれているわけですw

インカメラの方はアウトカメラよりも広角になっているらしくさらに悪さをしてくれますw

左右が反転するということもありますが、人間の目で3次元的に見た鏡の方がより真実に近いんじゃないかなと思います。

ミラーセルフィーという鏡に映った自分をアウトカメラで撮ると分かるんですが、肉眼で見た鏡の中の自分とミラーセルフィーの写真の自分はかなり違います。

ですから、写真の写り方はカメラのレンズによったり、光の当たり方にも関係しているし、その瞬間を切り取って2次元的に記録しているので、人間の目で見た感じと違っていることが多いんじゃないかなと思います。

カメラでは人間の目では確認出来ない波長の光が写ったりしますから、鏡の方がより実物に近いんじゃないかと思います。


image by japanese.engadget.com

資生堂でもこのような広角レンズで起こる自撮りの歪みを補正する技術を開発していますが、どうやらサービスが終了しているそうです。

うーむ残念。

とは言え安心してください。

僕も自撮りだと変な顔になりますからw

他の人にも自撮り画像を撮らせてみてもやはり実物の方が格段に良かったですからね。