好き避けという言葉が浸透しています。

まあほとんどの人が好き避けをした経験があるでしょう。

だって恥ずかしいじゃん、と。

僕は好きですよ、鮭が。

w

しょうもなすぎて笑うしかないでしょうw

そもそも好き避けって自分を守っている行為なんですよね。

好きな異性にアプローチしたら向こうも気になり始めるか逆に好意がバレて避けられるようになるかの二択しかありまん。

主には。

自分に好意を返してくれる確率は少ないし、避けられたりしたくないですからね。

いわゆるある種現実逃避ということなんじゃないでしょうか。

夢を見ておきたいという淡い気持ちでいる方が撃沈するよりみやっぱり良い。

ただ相手の気持ちを早く知った方が時間も労力も無駄にせずにすむのである程度アプローチした方がいいとは思います。

恋愛で待ちの姿勢でいる人の方が多いですから、好き避けしているあいだに他の人がアプローチしていたということもありますから。

好き避けすればニュートラル寄りの関係でいれるので可もなく不可もない状態の中で期待だけが先行する軽く心地よい状態ですが先に進むこともやはり大事でしょう。

フラれればショックは短期間ですむし、次に行けます。

好き避け歴うん年のあと撃沈という時間ロスな人もいますがこれほどリスキーなことはありませんから、時間をかけてゆっくりアプローチしていくのがベストですね。

ガルちゃん読んでても思うんですが、好き避けして後悔している人が後を絶たないw

差し障りのない方法からまずは攻めてみた方が良いですよ。

僕の経験からもそうですが、みんな成功率100パーセントを期待していますw

失敗したらどうしようと考えて先に進めません。

恋愛はかならず失敗します。

若い頃のキムタクですら二度フラれたらしいですw

フラれたらどうしようじゃなくて、フラれるんだから一応思いだけは伝えようというスタンスならショックはすくないでしょう。

実際数をこなせばいつか成功します。

フラれることが苦じゃなくなります。

恥ずかしくもなくなります。

僕なんか粉々になるくらい当たって砕けていますw

当たらずに砕けたことも数多いw

恋愛においてはそのくらい粉質なマインドになりましたよw

砕けようがないくらい砕けていますからアプローチすることなんて何ともありませんからね、今ではw

好き避けして離れ離れになったら後悔が残りやすいですよ。