まず言葉自体の説明なんですが、混同しやすいDNAと遺伝子という2つのワード。

DNAの中で人体の設計図のようなものを遺伝子と定義しています。

これまでの研究ではこの2パーセントの遺伝子がすごく重要で、残りの98パーセントには意味がないゴミ同然のものだと認識されていました。

そんなことがありえるんでしょうか。

普通に考えて無駄なものが人体にあるとは思えません。

最新の研究によると、この98パーセントがその人の潜在的な能力を左右するものであるという結果がでいているそう。

例えばコーヒーのカフェインなどを早く分解するしないは、この98パーセントのノンコーディング領域がコントロールしているそうで、

アルツハイマーやアレルギーになりやすいというのはこの遺伝子じゃない、ノンコーディング領域が大きく関係しています。

人間は民族や人種によって見た目以外に違った傾向が見られたりします。

長生きする人種、アルコールを分解するのが早い人種、糖尿病になりやすい人種などなど。

データを分析すれば住んでいるところや、種によっていろいろなパターンや傾向が見られるわけですが、そういったことをコントロールしているのがノンコーディング領域だということがわかってきています。

薄毛になりやすい人、太りやすい人、そういったこともDNAが関係しています。

同じように生活してても禿げない人もいるし、太らない人もいます。

これはみなさんも自分の目で見てきていることでしょう。

まあ、確かに平等ではないですがw

ちなみに人が朝方か夜型になるのも遺伝子で決まっているそう。

網膜の光に反応する度合いが違うとかうんぬんかんぬん。

確かに朝方はメリットが多い気がしますが、人それぞれDNAが違うので、一概に良いとされることが良いというわけではないこともあります。