ポルシェはフォルクスワーゲンの傘下の車メーカーです。

フォルクスワーゲングループは強大で、アウディやなども傘下になっています。

フォルクスワーゲングループを数えると世界の車メーカーの、特にスポーツカーメーカーが多いことに気づきます。

例えば、ベントレーやブガッティもそう。

アウディが傘下なので、ランボルギーニもフォルクスワーゲングループに数えられます。

とにかく非常に多くの企業が傘下になっているので、排ガス問題で高額な罰金を支払ったフォルクスワーゲンに続き、各社罰金を払っている状態です。

今回ポルシェが排ガス問題で検察に支払い命令されたのは、99000台のディーゼル車。

カイエンとかでしょうか。

まあ、とにかく今回支払い命令が出された原因となった車のディーゼルエンジンはアウディ社がつくっていたもので、ポルシェはアウディ製のエンジンを乗せた約10万台を販売していました。

課された罰金は5億3500万ユーロ。

ひょえーだ。

ポルシェがアウディのエンジンを使用しているとは知らなかった。。

何はともあれ、大きなグループ企業だと利益も大きいかもしれませんが、今回のようになにか不正があったり、リコールが合ったりした場合は損失もかなり大きいものになるでしょう。

最後のツイートは結構好き。

まあなんにせよ、車業界も不正だらけということでしょうか。

日本の車メーカーもエアバッグとかでいろいろあったりしましたからね。

汚職問題も多いし、フォルクスワーゲングループだけじゃなさそうです。