僕はですね、日本の新築の家は好きじゃないw

最近の家は昔の家に比べると強度は低いし、長持ちもしない。

実際、数十年の寿命になるように建てられていると聞いたことがあります。

おそらくそうなんでしょう。

日本の技術は相当なものだし、それで30年でガタがくるようなことは普通じゃありえないわけですから。

あと、最近の家は壁も薄い。

本当にそんな家に数千万円も土地付きで支払う価値があるのか疑問です。

それだったら、古民家を買ってリノベーションしたほうが絶対に良い。

古民家のメリットとしてあげられるのが、

  • 家自体が安い
  • 固定資産税がほとんどかからない
  • 家がしっかりしている
  • 味わいがある

こういう感じ。

家が安い上に固定資産税がほとんどかからないから家族がいる人には本当におすすめ。

使われている柱や梁も太くてがっしりしているので、地震の多い日本には強度がとても重要。

味わいもあります。

木のぬくもりというか、アンティークな感じがたまらないし、リノベーションすれば本当に良い家が出来上がるでしょう。

もちろんデメリットもあります。

それは新築ではないという点。

そして立地条件が田舎すぎる可能性もあるという点。

ですから、街から外れたところだったらたしかに不便だろうし、新築じゃないと気持ち悪いという人にはおすすめできないでしょう。

田舎だったらトイレが水洗じゃないこともあるし、いろいろとデメリットになることもあります。

ただトイレは水洗にもできるし、リノベーションすれば新築かどうかは関係なくなるでしょうから、一番大きな問題は立地ですかね。

古民家をリノベーションしておしゃれなカフェにしているところも増えています。

古民家はやりかた次第で本当におしゃれになるんですよね。

最初はやっぱりそのままだと『だっせー!』なんですが、リノベーションすると離れられないくらい素敵になります。