悪い男しか好きになれないという女性がいます。

悪そうだけど本当は悪くないという男性ならいいんですが、本当の意味で悪い男がなかにはいます。

DV男、結婚詐欺師、モラハラ男などなど。

こういったタイプは本当に一緒にいて幸せになれないタイプの男性なんですが、こういう人たちは実に人を操るのがうまかったりします。

サイコパス的な人が多いのもこの手のタイプ。

こういう男性たちは最初は優しく、女性の自尊心や寂しさを埋めてくれるので、女性もすごくハマりやすい。

そして気づいたらその男性なしでは生きていけないほどぞっこんになっており、もはや中毒状態になっている状態。

頭では分かれたほうが良いとわかっていても感情では好きという気持ちが強くて、離れることができない状態の人もいます。

そんな状況を変えるには少々時間がかかりますが、相手の悪いところにフォーカスし続けましょう。

みんな誰しも良いサイドと悪いサイドがあるんですが、DVや結婚詐欺、モラハラは極端に悪い点です。

それを忘れさせるくらいの長所があるから別れることが難しくなるわけですが、人間は悪いことを忘れやすく、時間が経てば良いことを思い出しやすいようにできています。

だから、ある程度時間が経てば復縁も可能だし、悪い出来事も印象が薄くなってくるわけです。

僕も経験がありますが、すごく綺麗でおもしろ中毒性のある女性と知り合いになりました。

その女性は気性があらく、よくわからないところで激昂しキレる性格の持ち主でした。

キレイで面白かったのでなかなか離れることができませんでしたが、悪い面がより顕在化してきたので、だんだんと気持ちがなくなっていったんですね。

そうすると良い面を思い出してもまったく感情は動かず、だんだんとその女性の存在を理性で追いやることができるようになっていったのです。

とにかく、頭で考えて良くないと思われる人のことは、悪い点にフォーカスするべきかなと。

暴力を振るわれたけど実は優しいとか、結婚詐欺にあったけどあの人しか私を理解してくれないとか、いろいろあると思いますが、

あれは全部演技というか、みんなにやっていることですから、そこを理性で理解し、フォーカスすることが大事。

時間はかかると思いますが、パワフルな感情を理性で抑えるには有効な手段を繰り返すことと時間が必要となってきます。