5月病は病気みたいです。

適応障害とも診断できるみたい。

日本の社会システムは新年度の始まりとともに社会人の1年もスタートします。

欧米では9月に新年度が始まりますが、日本でいう中途採用が一般的。

別に新年度スタートするときに仕事を始めないといういけないということはありません。

日本には変な制度や見えない拘束力が働いていることが多く、5月病もそれと関係しています。

4月に一斉に始まる社会生活。

ストレスに弱い人も当然いるわけです。

意気込んで4月は仕事するものの、だんだんとストレス要因が重なり、それに対抗するためにアドレナリンなどが分泌され始めます。

それによって人間の体には、不快な気分になったりする悪影響が出てきます。

それが5月病の原因。

無気力感、焦燥感、不安感などなど、環境が変わって起こるストレスによって人間の体にはいろいろな不調が出てきます。

これは人によっては6月だったりもするし、5月、6月、ずっと続いたりもするみたい。

中には仕事をやめなければいけないほど辛いひともいるようで、人それぞれ新しい環境に適応できるかどうかが違っています。

対策としては一般的に言われているようなことしかなく、ストレスを貯めないということに限るそう。

それが簡単にできれば苦労しないんですけどね。。

アマゾンプライムで海外のテレビドラマを見たり、散歩したり、読書したり、瞑想したり、なにかセロトニンやドーパミンが放出されることをすればいいんじゃないでしょうかね。

5月病の原因もホルモンによって起こるものの一つですから、とりあえず好きなことをするという方法しかないんじゃないでしょうか。

頑張りすぎないということも大事。

僕はもう少し頑張ったほうがいいかもしれませんw

怠けグセがあるのでw

癒やされるw

わかるわかるそのきもてぃw

みんなつらいんやな。。