コーヒーを飲むと、眠気が覚まさせ、集中力をあげる効果があることはもはや一般的。

誰もが知っている事実ですが、コーヒーに含まれるカフェインには認知症を予防する効果もあるといいます。

これも最近では結構知られているかもしれません。

最近カフェインに関する新たな発見あったみたい。

詳しい研究結果はデータを見てもわからないので結果だけ紹介すると、

有酸素運動、無酸素運動にかかわらず、運動能力が2パーセントから16パーセント上昇したといいます。

人によって、スポーツによって、条件によって違うんでしょうが、運動能力はあがるみたい。

筋力、筋持久力に好影響らしいです。

ただ、注意したいのが、カフェイン入のエナジードリンクなどでは効果がなかったといいます。

それって、結局はカフェインじゃなくて、コーヒーに入っているカフェイン以外のものが良かったんじゃない???という一論もありますが、コーヒーがとにかく良いみたい。

コーヒーを普段から飲んでいるかいないかに関係なく、その場で飲むのが効果的らしいです。

オリンピック選手は飲んだほうがよいんじゃないでしょうかね。

ただ、いろいろとドーピング問題もあるので、素人の僕はそのへんはよくわかりませんが、コーヒーが良いのはとりあえずわかりました。

コーヒーの効果を発揮するには運動の約45~90分前が一番いいらしいです。

コーヒーは運動には良いみたいですねやっぱり。

ただ、体がコーヒーをあんまり受け付けない人もいますから、そのへんは人それぞれご自分で調節するかしてみてください。