統計によると、女性は生理中に恋に落ちやすくなるみたいです。

僕は男なので本当かどうかはわかりませんが、女性は生理中に不安定になるのはみなさんもご存知のことと思いますが、それに関係しているようです。

不安定といえば聞こえが良い場合もありますw

ひどい場合はナイフを床に投げられたりもした僕ですから、生理中の女性の恐ろしさは肌で感じていますが、ホルモンのせいなので許してあげてくださいw

さて、そんなわけで、女性は生理中の恋に落ちやすいらしいですが、それは精神の安定を司る脳内の神経伝達物資であるセロトニンが不足するからだそうです。

誰でも試験前や大会前には不安でいっぱいになると思いますが、女性は生理がくると種類は違うでしょうが、不安になったりします。

感情をコントロールすることが一時的にできなくなっちゃうんですね。

セロトニンが不足したりすると穏やかな、安らかな気持ちになれず、不安が襲ってくるわけです。

そんなときに優しくされると女性は好意をいだきやすくなるそうなんですが、女性によっては、相手の男性によってはその優しい行為が返って女性の逆鱗に触れることもあるので気をつけてくださいねw

そういうことだそうです。

生理期間に女性のホルモンバランスは大きく崩れます。

女性ホルモンのエストロゲンが減る時期にセロトニンも同時に減少。

それによって女性はさらに感情的になり、感傷的になります。

男性も女性の生理を利用するのではなくて、女性のつらい生理期間にも寄り添ってあげれるような男になるべきかなと。

とまあ綺麗事を言いましたが、僕個人的には女性が生理でプンプンしているときには近づかないようにしていますw