男性と女性とでは物事に対する考え方や、対処方法、そして起こる事柄に対する反応がいろいろと違います。

男女の脳には大きく違う部分があって、それによって脳内で分泌される伝達物質などもいろいろと違いが出てきます。

体の作りの違いで脳内で起こる化学反応も変わってくるので、男性と女性で考え方や行動が変わってくるのは当たり前といえば当たり前なのです。

男性が女性を理解できないように、女性も男性を理解できません。

性の違いが最も大きな違いであるように(性の違いが男と女を定義しているのであたりまえ)、男性と女性は様々な場合で相違が見られるんですね。

例えばストレスを感じたときに反応する扁桃体もその一つ。

扁桃体は脳の左右に位置するそうなんですが、男性がストレスを感じたときにより反応するのが扁桃体の右側で、女性は左側だそうです。

右側が反応する男性が見せるのが怒りで、左側は怒りよりも感情を顕にするのがその特徴だそうです。

というのが研究者の話なんですが、どちらかというと女性のほうが怒りを顕にするような気がするのでしょうがいかがでしょうか?w

男性はむしろ怒りよりも不機嫌になる人のほうが多い気がします。

まあこの辺はまだ研究が発展していないのかもしれませんが、男女では脳内で反応する部位が結構あるみたい。

まあよく言われているのは、男性は理論的で理性的であるのに対し、女性は感情的で直感的であるということ。

女性の勘は確かにすごくよく当たりますからね、こと異性関係に関してはw

みなさん、女性を怒らせてはいけませんぞ。

これまた面白い実験というか結果が出ているので読んでみてくだされ。