男性ホルモンといえばテストステロンを思い浮かべるでしょう。

テストステロンは男性ホルモンのなかでも9割を占める物質で、男性を男性たらしめるのがこのテストステロンと呼ばれるホルモン。

テストステロンが担う役割は一番有名なのが男性らしい骨格にしたり、性欲を高めたりすること。

・骨や筋肉の発達を促し、男らしい肉体を作る。
・性欲を高める。
・精神や老化を司るミトコンドリアの健康を保つ。
・記憶力、判断力を高める。
・うつ状態を防止する。
・社交性、積極性、競争意識を高める。

こういう役割を担っているのが男性ホルモンのテストステロンなんですね。

男性の男らしい体つきはテストステロンによるものだし、男性の強い性欲をコントロールしているのもテストステロンによるもの。

男性の社交性や競争心、向上心などを管理しているのもテストステロンの役割です。

ですから、性欲が強い人は経済的に成功している人が多いし、経済的に成功している人は女性スキャンダルが多かったりもするのはそのためです。

そういう人は比較的頭も良いし、うつ病とは正反対の性格を持っていたりもします。

ただ、あまりにテストステロンが多くても厄介なもので、犯罪を犯してしまう人もいれば、暴力的になる人もいます。

成功には必要なのがこのテストステロンなんですよね。

ありすぎるとかえって危険なんですが。。

というわけで、今日は簡単にテストステロンを分泌させて成功体質になる簡単な方法を紹介したいと思います。

それは、チーズやナッツを食べるということ。

必須アミノ酸であるトリプトファンは体内では生成されないため、食事から補うしかありません。

それを豊富に含んでいるのがチーズやナッツ。

それによって生み出されるセロトニンが睡眠の質をあげてくれるそうです。

セロトニンの前駆体がトリプトファンで、セロトニンによって睡眠の質があがると、朝からテストステロンがしっかりと分泌されるそうなのです。

朝型人間のほうが年収が多いのもうなずけます。

夜のおつまみをチーズやナッツにするだけで、良い効果が期待できるわけですから、やらない手はありません。

しかもテストステロンは女性にもモテるために必須のホルモンですから、見えない物質だからと言って侮れません。

モテる男性とテストステロンの数値の高さもやはり関係しているみたいですから。