さて、音楽を聴くことはストレス解消にもなります。

脳からいろいろなものが出たりするためですw

ここではあえて難しい表現などは控えます(ドラえもん風w)

自分好みの音楽を聞けば自然とこころが穏やかになりますが、それとは逆に本当に不思議な気持ちと言うか、なんだか恐怖を感じさせてくれる音楽も存在します。

今日は僕がこれまでに出会ったちょっと怖い音楽について紹介したいと思います。

るるるの歌はじまり編

日本語の勉強にも使われることがある歌なんですが、ちょっと不気味w

動詞の最後にはルがくることが多いんですが、それにちなんだストーリー仕立ての歌なんですが、悲しいし不気味だし怖いしなんだかくせになる気持ち悪さがありますw

るるるの歌がトラウマになっている人が結構いるようですw

メトロポリタン美術館

これは外せませんw

なんかトラウマチックな雰囲気を醸し出している曲なんですが、オリジナルの映像は更に不気味。

オリジナルはこちらをご覧ください。

この不気味さがいつの間にか快感に変わっていることがあるんですよねw

大人になってから見ると違った感覚に襲われます。

サザエさん 火曜日のエンディングテーマ

これもなんだか不思議なくらい悲しくなる曲。

サザエさんは火曜日に再放送していたんですが、そのときに流れるエンディングテーマはなぜか胸を締め付けるような思いにさせていましたw

今聞いてもそう。

なんでなんだろう。。。