ベントレーが面白い企画を行っています。

2019年、イギリスの高級車メーカー、ベントレーは創業100周年を迎えました。

それを記念した腕時計を今年発表したのはファンの間では有名な話です。

こちらでも紹介されている通り、創業100周年は大きな節目でもありますから、新作の腕時計や新モデルを投入しても不思議ではありません。

腕時計はブライトリングのプレミエでベントレーの記念モデルが発表されました。

プレミエは最近誕生したドレスタイプのスポーツウォッチなんですが、これがまたかっこいい。

さて、そんなわけで、今日はベントレーが生んだ2500万円の本。

こういうやつなんですが、中はベントレーの創業やルマンでの伝説について書かれているそうですが、誰も読みたくはないでしょうw

ページをめくっていためたくはないですからね。

この記念ブックには3つほど種類があって、100カラットのダイヤモンドが埋め込まれた2500万円のものが7冊、

約160万円のマリナ―エディションが100冊、センテナリーエディションは500冊限定で約40万円だそうだ。

2500万円のやつは30キログラムあるそうで、一体なにがどうなっているのかちょっと興味が湧いてきますw

ベントレーにはファンが多いですから、イギリスをはじめてアメリカやドイツ、中東の大富豪が買ったりするんじゃないでしょうかね。

これまで2500万円の本があったでしょうか?

歴史的価値のある本ならあるかもしれませんが、現代の本で2500万円というのはすごい値段だ。

ぱっと見、魔法の書みたいに見えます。

こういう本てなんだかワクワクするんですよね。

魔力が封じ込められた本なら良いのに。