女性は見た目で男性を好きになるか?・モテる一番の近道とは?

0
女性は見た目で男性を好きになるか?・モテる一番の近道とは?

女性は男性に見た目だけで惚れたりするのか?

それは『イエス』でもあり『ノー』でもあるということです。

もちろん女性も男性同様に、相手の見た目で好きになることはあります。

ただ男性が女性を見た目で好きになる割合より圧倒的に少ないのが事実です。

女性が男性に一目ぼれする可能性は男性が女性に一目惚れする可能性、確率より相当な割合で低いです。

そんなラッキーなイケメン男性ならさぞかしバラ色の人生を送っていると思いきや、そうでもないことも少なくないそうだ。

イケメンゆえのデメリットとは?

イケメンは見た目が女性の好みであるので何でも許してもらえるかというとそうでもないらしい。

最初はいいかもしれない。

きっかけがやっぱりそういう感じだと羨ましいといえばうらやましい。

ただ長続きしないということもいろいろと報告されている。

イケメンというだけで、他の要素も高いスタンダードを要求されるのがイケメン。

スポーツが出来なければいけないイケメン。

頭が良くなければいけないイケメン。

高収入でなければいけないイケメン。

というレッテルを貼られたりすることも多いのがイケメンの宿命。

減点方式で男を見ると言われている女性の思考回路からすると、イケメンの期待値は異常に高いため、減点数がブサメンの2倍くらいの勢いで減らされていく。

勝手に崇めておいてそれはないだろうというのもわかるのですが、

最初良くても、後から、『なんだ、こんなもんか』なんて振られたりすることも多いらしい。

ということは、女性は結局は内面に重点を置いている人の方が遥かに多いという結論が出せます。

実際女性は守ってもらわなければならないというのが頭の中にあります。

これはもちろん自然の成り行きなのでもちろん男性が女性を基本的には守ってあげないといけない。

女性は筋肉も男性に比べて少ないし、運動能力も男性に比べて低い。

物理的に弱いのです。

だから女性を守れる人じゃないといけないというのが根底にあるんだと思う。

そうなると顔うんぬんよりも、男性の男らしいところに女性は結局は惚れてしまうようだ。

男らしさとは?

  • ジェントルマンなところ
  • 自分を持っているところ
  • 誰にでもやさしいところ
  • 媚びないところ
  • 集中するところ
  • 自信があるところ
  • 動じないところ・平常心

ジェントルマンなところ

男性らしい、男らしいところというので一番最初に思いつくのがジェントルマンなところ。

ジェントルマンというのはラブレターを書いたり、愛してるとか言ったり、花束をあげたりすることではありません。

ジェントルマンというのはレストランで椅子を引いてあげたり、コートを着るときなどに手伝ってあげたり、

重い物を持ってあげたり、道路側を歩いたり、女性を守る仕草をすることをジェントルマンな姿勢と言います。

仕草といっても本当に守ってあげるという思いでするんですが、こういうのは付き合っていようがいまいが女性を守るのは男性の役目だったりするので、ごく自然にできればそれが一番よいです。

自分を持っているところ

自分を持っているという男性に女性はあこがれます。

自分でもなぜだかわからないけどかっこいい、と思ってしまうのが女心と言うやつらしいです。

自分を持っている = 誰にも流されない = 自分の世界で生きている

ということから一応強さという風に映るらしい。

誰にでもやさしいところ

これはもはや説明不要ですが、一応。

誰にでも優しいということはその女性が年を取った時や動けなくなった時などなど、

上げればたくさん例があると思うのですが、どんな状況下でも女性を守れるということとイコールになるのは想像に難くありません。

良く言われる店員への態度の悪さは最悪の印象を与えます。

弱い者への悪態はまさしく弱さ。

そんな男性に女性は守れません。

媚びないところ

媚びないところも先ほどの自分を持っているところと似ています。

女性は強い男性を求めています。

誰かに媚びる男性は媚びる相手より弱いという意味でも、女性から敬遠される結果となります。

媚びるというのは自分を持っていないという風にも取れ、どういう角度から見ても女性からは魅力的には見えません。

男性からもそうでしょう。

絶対に媚びない。

これが大事。

仕事で媚びなければいけない場合は例外的に仕方がありませんが、女性にはあまり見せないようにしたいです。

集中するところ

集中力は男性にとっても大事な武器です。

集中しないと何事も達成できません。

狩猟という古代からの役目を担っている男性ですから、そういう面でも集中する能力が求められます。

現代でも何かに没頭している男性はかっこよく見えます。

カフェできょろきょろしているような男性よりも、男性らしく座り、本を読んでいる男性の方が100万倍魅力的です。

自信があるところ

男性の自信は女性の大好物です。

自信のある男性というのはすべてを手に入れられるかのような余裕を醸し出しています。

根拠のない自信でも良いのです。

『俺についてくれば何も問題ない』、『俺以上の男はいない』

なんていう自信が女性を安心させます。

守ってくれているという安心感。

結局はそれらがイコールとなるわけです。

横柄になるわけではありません。

偉そうになったり、横柄になったりすと、上で述べた『誰にでもやさしい』というところと矛盾するのでそこは見誤らないように注意が必要。

自信があるそぶりは態度で見せるというのが大事。

口で言うのは逆効果なので、ジェスチャーやボディランゲージで自信のある感じを与えることが重要です。

動じないところ・平常心

平常心を保ち、動じないというところは男性が最も求められる点なんじゃないでしょうか?

サバイバルの意味でも何かに動じやすかったり、パニック陥りやすい男性を女性は好きにはなりません。

母性本能というもので放っておけないという女性も稀にいますが、長続きしないのと、そういう女性は他に比べ圧倒的に少ない。

動じない強い精神と平常心を保つことの出来る余裕が男性らしさを醸し出すのです。

自信ともつながるのですが、自分に自信があると自分に余裕が出てきます。

そういう意味でも平常心というのは自信があるように見えます。

というよりも平常心は自信からくると言えるかもしれないですな。

すべてがつながっています。

まとめ

以上の点が主に女性が男性に求める要素で、この中にお金のことや見た目のことは出てきていません。

もちろんお金目当ての女性も幾分か存在しますが、これらの要素はそれよりも影響力の強い要素で、女性の本能を刺激するポイントです。

いくらお金があってもこれらの要素を持った男性が現れたら女性はその男性を絶対に無視できません。

お金という外面的な要素は必要ありません。

一部にそういう女性が確かにいますが、そういう理性的に打算が働く女性とはいても楽しくありません。

そういう女性とはこちらから縁を切ったほうが健全な付き合いが出来ると思います。

本能的にオスとしての魅力はお金や地位などの理性的な魅力よりも遥かに強く働きかけます。

ということで女性には見た目は関係ないということ。

見所と野獣のようなカップルを幾多も見てきています。

『なぜだかわかんないけど、惹かれちゃう』

というような状況が女性にはしょっちゅう起こるわけです。

見た目も良いですが、男性なら男らしさを磨く方が女性にモテる一番の近道になるはずです。

関連性のある記事