男がリスクを取るべきこと・ジェントルマンとエチケット・女友達や娘ならどうか?

0
男がリスクを取るべきこと・ジェントルマンとエチケット・女友達や娘ならどうか?

女性を追いかける行為

僕はこれまでどの記事でも、男性は女性を追いかけるべきじゃないと言ってきました。

その考えは今でも同じなんですが、ただ追いかけるという行為とジェントルマンでリスクをとる行為というのが結構ごちゃ混ぜになりやすいので、

その辺を今日は区別していこうかなと思っています。

例えば、、

女性を追いかける行為として典型的なのが、

『~ちゃん、かわいいよ、でへへでへへ』

と、容姿を褒める行為、

これは女性を追いかけている行為。

こういうのをされて喜ぶ女性はあまりいません。

いないこともないんですが、綺麗な女性は言われ慣れているのでこういうのを言われても喜びません。

全く。

むしろ嫌悪感すら湧いてくるはずです。

『はぁ、またか』

と。

もうこの時点であなたは眼中に入らなくなります。

それくらい初対面で容姿を褒めるのは危険なことなのです。

さて、この女性の容姿を褒めるというのは追いかける行為の中の本の一例。

他には、

  • 女性のお願い事を何でも聞く
  • 女性にプレゼントを買って気を引こうとする
  • 女性の意見に同意しまくる
  • 女性に媚びる

これらは男性がやりがちな間違った行動です。

こういった行為は女性を更に素早く逃げさせる行為で、逃げるどころか核シェルターでブロックされるくらいのやっちゃいけない行為です。

女性はこういった『男らしさ』を欠かす行為や、女性との体の関係を下手に出ることで得ようとする行為、女性に依存している行為をとことん嫌います。

モテない場合はこういった行為をどこか好くなからずやっていう可能性があるので、よくよく自分の行動を見直してみる必要があります。

男性がリスクを取るべき、ジェントルマンな行為

それに比べて、似ているようで違うのが、男性がリスクを取るべきこと。

ちょっとよく考えてみないとわからないことではあるんですが、ベースとなる考えが分かると、やっていいこととやっちゃいけないことの違いが分かってきます。

とりあえず男性がリスクを取るべきジェントルマンな行為を見ていきましょう。

  • 初めて話しかける行為
  • 連絡先を聞く行為
  • レストランなどで椅子を引いてあげる行為
  • 上着などを着せてあげたりする行為
  • 道路側を歩く行為
  • エレベーターで先に乗り降りさせてあげる行為
  • ホテルに誘う行為

こういった行為は女性を追いかけているようで実はそうじゃありません。

気に入られようとしているようである要素に見えるんですが、実は女性を守っている行為なのです。

とりあえず1つ目から。

初めて話しかける行為

この女性と初めて話をするきっかけを作るのは男性でも良いと思います。

話しかける = 好意を出している

という風にもとれるんですが、そうでないことも多いのです。

普通僕たちは男女関係なく話しなければならない時や、したい時に、年齢や性別に関係なく話をします。

話しかける行為自体は、女性に媚びていないし、全く普通のことなので追いかけるという行為にはなりません。

『~ちゃん綺麗だよ、げへへげへへ』

というのがダメな行為で、

その違いというのが、女性の体をチープな口説き文句で買おうとしている行為であるかどうかという点。

女性に対してリスペクトがないんですね、こういう口説くというのは。

女性に初めて話しかける際は、セクシャルなことはもちろん厳禁。

ナチュラルに会話できる話をするべきですね。

例えば女性が持っている持ち物について興味を示すとか、女性が飲んでいる飲み物について面白い話をするとか、

とにかく女性が興味を惹きそうなことで話題を振ります。

天気が良いですねとか、出身校はどことか、そういう表面的な会話はいらないのです。

連絡先を聞く行為

こういうのは女性がやってもオッケーなんですが、ある程度話をしたことがあって、友達として連絡してもオッケーだと思ったら、

自分から好きな女性のラインや電話番号を聞くのはありありですね。

電話番号だと変更できないものなので女性にとっては少し抵抗がある可能性があります。

なので最初はラインやメールアドレスだとハードルが低いし割と簡単に教えてもらえるんじゃないでしょうか。

こういった行為は女性を追いかける行為にはあたりません。

基本的に、友達にも出来る行為というのは女性から敬遠されることは無いと思います。

興味のない女友達に、

『~ちゃんかわいいよ、げへへげへへ』

はやらないですからね。

性欲を持て余しているという行為が女性を引かせるわけです。

気を付けましょう。

レストランなどで椅子を引いてあげる行為

女性とデートに行った際にするチャンスのある椅子を引く行為。

これは女性に気に入られようとするのではなく、ハイヒールを履いていたり、前にかがんだりしにくい服装をしていたり、

とにかく自分で椅子を引いて座ったりするのに少し窮屈な状態である女性のために、椅子を引いて座りやすいようにしてあげる行為。

こういうのは女性にとっては守られている気分にさせるのでやったほうが良いおすすめの行為だと思います。

たとえ女性がそういった格好をしていなくても女性の椅子は引いてあげる、というのが男性としてのエチケットですね。

これまでやってなくて恥ずかしくて出来ない場合はしょうがないし、女性もそういうのに慣れてなくて恥ずかしい場合は良いですが、

こういうのはやって損はない行為ですね。

上着などを着せてあげたりする行為

これもレストランで椅子を引いてあげる行為と同じです。

女性が上着を着ようとするのを手伝ってあげます。

二人きりでデートしているわけですから、こういう行為は恥ずかしがることなく出来るとポイントが高いです。

団体の中でわざわざ好きな人にコートを着せてあげるというのは少々不自然ですが、よく映画とかで見られるジェントルマンな行為は女性にどんどんしてあげるべきですね。

道路側を歩く行為

これは絶対気を付けるべきです。

レストランで椅子を引いたり、上着を着せてあげるのとは違って、本当の意味で危険性があるわけですから、

道路側は絶対男性が歩くようにしましょう。

危険というと少し大げさなんですが、もし自分の娘が道路側を歩いていたら、普通人間として場所を入れ替わってあげたくなるもんです。

女性をエスコートする行為は、娘を守る行為とも似ています。

道路側は絶対男性があるくもの。

これは基本中の基本で、マストなことです。

それを自然にさりげなくやることが大事。

口で言ってやると、やる意味が90パーセント以上減ります。

黙って、自然に道路側を歩く。

これが大事。

エレベーターで先に乗り降りさせてあげる行為

上げればきりがないんですが、これも道路側を歩くのと同じ。

エレベーターのドアが開いたら、横からドアを手で押さえ、ドアが自動で締まらないようにして、女性を先に載せます。

降りるときはその逆で、エレベーターの内側からドアを抑えている間に女性に先に出させてあげます。

とにかく、危険性をはらむものでは、女性に極力リスクがないような行為をしてあげるのが男性の役目です。

こういうのは本当に、娘にやってあげることを想像してやってあげください。

そうすれば自然に、『気に入られる行為』から『守る行為』に焦点が行くので、

何が良いか、何が気持ち悪いか、というのが見えてきます。

そういった感じで考えて行動していると、女性も守られている気分になってあなたといることに心地よさを感じてきます。

そういう感情的な部分で女性に安心感を与えるのが男としての魅力につながるので、いろいろな行動を分析してみると良いでしょう。

ホテルに誘う行為

これは確実に男性がやらないといけない行為です。

ホテルに誘うという行為は女性はしません。

『酔っちゃった』

なんていう間接的なことは言いますが、自分から、

『よう、そこのメンズ、ホテル行こうぜ、ホテル』

なんてことは酔っていても言いません。

ホテルへ誘う場合は必ず男性から行ってください。

まとめ

上で挙げた例はほんの一例。

女性を褒めちぎったり、下手になって気に入られようとするのは女性に嫌われる行為。

道路側を歩いたり重い物を持ってあげたりというのは男性がやるべきエチケット。

とにかく、女性の性を言葉やお金で買おうとしないこと。

安っぽい口説き文句や高価なプレゼントで女性の気持ちを買うことなんて出来ません。

女性のプライドや心はプライスレスです。

安心感を与えるとか、追いかけたくなるような魅力を感じさせるとか、一緒にいて楽しいとか、

そういったお金では買えない気持ちにさせてあげることが大事なんじゃないでしょうか。

『これはどういう行為にとられるかな?』

と疑問に思ったら、

『娘や女友達にはどうするだろう?』

とか、

『これは女性を下心で見ている様に取られるかな?』

とかというのを娘や女友達を基準にして考えると答えが出やすいです。

綺麗な女性ほど、異性としてではなく、普通に友達として接してもらいたいと思っています。

会話では気軽にカジュアルに、行為ではジェントルに。

こうすることであなたのことをだいぶ特別視してくれるんじゃないでしょうか。

関連性のある記事