女性にモテる会話術、話しかけ方とは?・どんな話題が女性の興味を惹くのか?

0
女性にモテる会話術、話しかけ方とは?・どんな話題が女性の興味を惹くのか?

さて、

女性に話しかける勇気はある。

女性に嫌われていも良いという一種の諦めもある。

でも出来れば嫌われたくない。

ただ、、、

『何を話しかければ良いかわからない!』

という人は多いんじゃないでしょうか?

そりゃあそうですよね、

初めて話しかける場合は特に、何を話題にして話しかければ良いかわからないし、嫌われることには慣れているけど、出来れば嫌われたくないし、

というか、好かれたいし、、w

という感じで頭にいろんな考えがよぎると思います。

いくらこれまで振られ続けたとは言え、連敗記録、敗戦記録もここいらでストップさせたいと思っているはずです。

そんな男性にどんな会話を女性が喜ぶかということをお話ししたいと思います。

ただ、こういう話をすれば女性は絶対に興味を持ちますよということではなく、

あくまでも興味ねえよ見たい感じで拒否される可能性は低くなるという感じです。

ではまずは例から。

『~さん、今日も寒いですね』

これ、ダメな奴です。

別にダメなんじゃないですが、普通なんです。

普段誰でもが言いそうななんら特別感を感じられない機械的な会話の出だしです。

こんなのは女性は全く喜びません。

女性が喜ぶのはもっと発展したユニークな会話です。

『~さん、今日も寒いけど、焼き芋とかおでんちゃんと食べてる?』

という感じで、他ではあまり聞かれないセリフに女性も『おっ』となるはずです。

例えば最初の例で言うと、

『そうですね、寒いですね。』

で終わる可能性がありますが、2つ目の例だと、

『私、今年は焼き芋まだ食べてないんです。おでんは昨日食べましたよ』

なんていう会話が出来ます。

しかも話の内容が天気から食べ物という女性の興味のあるものへ自然とシフトしています。

こういうのが基本系です。

とにかく、当たり障りのない面白くない会話。

こういう天気とか出身校とか、そういう話題は出来るだけ避けるべきです。

『~さん今日も雨降りそうだけど出身校はどこ?』

なんていう脈絡のない面白い感じのことだとちょっとはましなんですけどね。

こういう感じで誰もしないような会話を心がけると次に発展する可能性が10倍くらい増えます。

ただ会話を膨らませようとするあまり、質問ばかりするのもアウトです。

基本的に会話では質問の数はそこまで必要ありません。

質問をしないで会話できる話術を身につけると割と最強だったりします。

さっきのおでんの話の続きだと、

女性『~さんもおでん好きなんですか?』

というような会話も天気以外のことからなら結構期待できます。

男性『酒とタバコとおでんはやらない主義なんだよ』

とでも言って去っていく。

こういう男性はモテます。

よく意味が分からない上にミステリアスに感じるから。

あと、女性に話しかけたのに、自ら去っていき、しつこさを感じさせていません。

女性と『会話しよう会話しよう』とするとストーカー扱いされて嫌われます。

ここで女性が一番嫌いなタイプの男性像を紹介しますw

  • 1位. ストーカー
  • 2位. 不潔
  • 3位. 疑り深い、ケチ、ナルシスト etc etc

3番目はいろいろ細かいのがあるのではっきり言えませんが、

1位はおそらく断トツでこれ。

ストーカーは、命の危険を感じる部類のタイプなので、それに準ずる男性は女性本能よりも生存本能で嫌われます。

さっきの会話の話に戻ると、

まずは自分から話しかけるというリスクを取ります。

男がリスクを取るべきこと・ジェントルマンとエチケット・女友達や娘ならどうか?

そうして、話の内容を通常の天気から食べ物を繋いだ内容にして返答しやすいようにしています。

その後はちょっとひねったジョークを混ぜて回答し、女性の返事を待たずに去ります。

これはストーカーとは真逆の行為。

女性はもっと話したかったかもしれません。

そういった時に少し離れると女性は追いかけたくなるんですよね。

女性は去っていく男性を追いかけたくなるんです。

今の行為で良かった点は、

  • ミステリアスだったところ
  • しつこくしない男だよというところを行動で見せれたというところ

こういう感じで次につなげられる会話でしたが、

とても重要なのが会話を男性が終わらせるという点で、ここが実は非常に大きなポイントなんですね。

好きな女性との会話を終わらせるのって、実際かなり難しいんですが、慣れると簡単に出来るようになってきます。

それをすることによって嫌われることは無いということが分かってくるから。

むしろ向こうにもっと追いかけられるようになります。

実は、『もう寝るね』なんていって女性側から終わらせるよりも、

自分から終わらせた方が次に女性から求めてくる度合いと頻度が高くなることに何度かやってると気付いてきます。

意思と反した行動をするのは難しいんですが、それに対するレスポンスを実体験で経験するとそういうのも普通にやりやすくなります。

女性と長話できるようになったら、常に会話は自分から終わらせるようにしてください。

毎回毎回女性が会話を終えるまで待ってると、ストーカー扱いされる可能性もないことはないですから。

女性によっては、毎回話を終わらせるのが女性側であることで、あなたがその女性に依存しまくっているととります。

そうなると距離を置かれ始めたりするので、毎回男性側から終わらせるようにして下さい。

その方が男性が関係性をリードしている感じだし、女性に依存していない、そして忙しい男性というのを見せれます。

そして、それらは女性を追わせる姿勢に持っていくことが出来ます。

恋愛において放置は有効か?・女性に追わせる恋をしよう

女性の気持ちになって、女性目線で考えてみる・女性作家の少女漫画、アニメ、ドラマ、官能小説のすすめ

女性は追える男性が欲しいのです。

追えるくらい価値のある男性が。

追われてうれしいのは、自分の興味がある男性のみ、いきなりそこまで行くには最初っから興味を持たれないといけません。

そういうのはイケメンじゃないと無理なわけです。

しかも、女性は好きな男性に追われ始めたり、自分の好き度よりも相手の自分に対する好き度の方が増したときには、自らその好きだった男性を拒絶する蛙化現象を引き起こしたりします。

蛙化現象とは?・女性は好きな男性から好かれたら急に冷める?

そういうリスクが高い行為、女性を追いかける行為はしないほうがいいのです。

もう一つ女性に話しかけるための良い話題があるのですが、

それは女性の持ち物について話してみること。

女性が持っている鞄がなにやら面白い柄ものだったら、

『それ、おれも欲しいな』

なんていうあからさまに冗談だというのを言ってみたりします。

こういう話題の振り方は、相手を馬鹿にしているわけでもないし、褒めて下手になろうとしている感じにも受けとられません。

よく女性をからかえば良いというのが言われていますが、僕はこれはリスクが高い行為だと思います。

女性をからかって嫌われるという経験もけっこうあるので、こういったリスクをとるより、より知性を感じられる会話をした方が女性を引き寄せられるんじゃないかなと思います。

知性的な会話といっても難しい話をするわけでは無く、普通に天気や学歴じゃない話で十分だと思います。

例えば、コーヒーを飲んでいる女性に、

『飲むコーヒーのタイプによって性格が分かるみたいですよ』

というような女性の気を自然に引けるような会話。

こういので話をして、少し話したら自分から会話を終わらせて去る。

もし話が盛り上がっていたら、連絡先を聞いて去る。

こういうスタンスが一番モテると思います。

僕の経験上。

とにかく女性と、『話そう話そう』『繋がろう繋がろう』としないこと。

それをしないだけで十分魅力的になれます。

他がそうじゃないから。

綺麗な女性にほどこういうのは効果てきめんです。

まとめ

とにかく、女性に好かれるのに、からかう必要はないです。

からかというのは自信のなさにも取られることがあるし、女性をいきなり怒らせる結果になってしまうこともあります。

ですから、女性と会話をする時は、天気や学歴、職歴、親の仕事w、得意な科目wなんていう社会的な話題はとにかく避けることです。

それよりも、近くに出来たラーメン屋とか、持っているスマホの話とか、女性の持っているファッショングッズとか、とにかくエンターテイメントになる話。

しかも共通の。

そういう話をすればさっきのような社会的な話題で入るよりは30倍くらい結果が違ってくると思います。

面白い話題で30人が興味を持ってくれるとしたら、天気の話題で興味を持ってくれる優しい女性の割合はおそらく一人くらいw

あながち間違った倍率でもないんじゃないかなとw

こういうのは即興で考え付くにはかなりの回転力が必要です。

なので、どんな話をするかひな形を作っておいて、自分オリジナルのジョークとかも持っておくと女性との会話を
盛り上げやすかったりします。

モテるためには是非、映画とかで面白い言い回しなんかをノートにメモしたりすると良いと思います。

アメリカの映画にはほとんどに皮肉交じりの冗談が混ざっています。

自分が面白いと思ったジョークを書き溜めていくと、最後は自分でも面白いオリジナルのジョークが思いついたりするようになるだろうし、

そうすとかなりモテる男性になるんじゃないでしょうかね。

関連性のある記事