女性と電話するようになったら心がけておきたいこと2つ・長電話はしない、電話は男性から終わらせる

0
女性と電話するようになったら心がけておきたいこと2つ・長電話はしない、電話は男性から終わらせる

さて、ここまで来たらなかなかいい感じに来ていると言える可能性があります。

まあ、電話が出来るといっても友達としてということももちろんあるんですが、電話出来る間柄というのはかなり良い状況です。

例えば、

好きな女性に彼氏が出来た時の対処法とやるべきこと

こちらの記事でも書いているんですが、

もし好きな女性に好きな人彼氏がいた場合でも、電話出来る間柄になっていると、その女性をモノに出来る可能性がぐっと上がります。

もちろんその女性が彼氏とうまく行ってなかった場合とかじゃないと無理ですが、それでも電話すら出来ない間柄よりは何十倍も可能性があります。

さて、僕が思うにこの電話できるかどうかという問題。

これは大分ポジティブにとらえています。

女性だったやることがいっぱいあります。

その時間を割いてわざわざ電話していますから、これは男性としてであれ、友達としてであれ、好意以外の何物でもない。

という感じで電話できるようになったら浮かれて何時間でも話したいと思ってしまします。

これがまたちょっとした罠で、

罠でもないんですが、ここで男性が陥りがちな、やりがちなことが一つある。

それは、

長電話しようとすること。

これは別に悪くありません。

もちろんその女性が電話好きで、あなたと長電話しまくりたいならそれでもいいんですが、それはあくまで女性が求めてきた場合です。

男性側から長電話するように仕向けたり、新たな話題を振りまくって電話を切らないように、ずっとつながっているようにしようとすること。

こういうのは男性なら誰でもやったことがあると思います。

僕だって何度もあります。

こんなのはその時は良くても、あとから関係が進展してくるとやっぱり不利になってきます。

逆に、長電話が関係性の進展を阻害することもあります。

時々は良いんですが、2時間も3時間も長電話するのを毎日やっていたら飽きられます。

本当に。

ここで長電話がもたらすデメリットについて少しだけ。

なぜ長電話が良くない場合があるのか?

その理由を少しだけ解説します。

  • 飽きられやすくなる
  • 相手の女性が長電話が好きじゃない場合
  • 暇だと思われる
  • 自分のやるべきことが遅れる

飽きられやすくなる

まず、飽きられやすくなります。

まあ良くないです、そうなると。

電話で長い間話すことをずっと繰り返していたら、ミステリアスな部分が皆無になっちゃいます。

女性の興味をある程度惹きつけたかったら、このミステリアスな要素というのはかなり重要になってきます。

相手の男性のことをすべて知っているとやっぱり男として面白くない。

夫婦なら仕方ないですが、夫婦のような絆があるわけでは無い。

そうなるとデメリットしかないんですよね、すべてのことが知れちゃうと。

男性は自分のことは自ら話さない方がよい・聞き上手でミステリアス?

ここでも書いていますが、ミステリアスさは大事です。

探偵物で言うと、銀郎怪奇ファイルや名探偵コナンの方が、古畑任三郎よりもドキドキするのはそのためですw

まあ古畑任三郎の追いつめ方とか話し方とかもかなり好きなんですけどね。

犯人が分からないミステリアスさ。

こういうミステリアスな部分は話をすることでどんどん剥がされます。

そういう面からでも毎日2,3時間電話するのは今は良くても、あとあと続かなくなります。

相手の女性が長電話が好きじゃない場合

こういう場合も考えられます。

女性はだいたい話好きですが、電話で時間がとられるのが嫌という人もいます。

それを直接言えない女性なら、相手に悪いと思って電話に出て話をしますが、本当は切りたいと思っている場合も稀にですが考えられます。

そうなるとあなたとの電話自体を辞めたいと思うようになります。

そうなると関係性が悪くなるのは目に見えているので、女性が電話したいがどうかなどを知るためにも、女性側に追わせるためにも、

こちら側からは女性が3回掛けてきたら、こちらから1回掛けるという割合で関係性をすすめていけばちょうどいいんじゃないかなと。

暇だと思われる

『暇なの?』

と言われてごらんなさいw

ショックで言葉も出ませんからw

週に3回も、2,3時間長電話してたら、暇だと思われます。

絶対じゃないんですが、週に3回も長電話が出来る男性は暇な人だと思われても仕方ありません。

もちろん遠距離恋愛で時間を作って話しているという人は今回の話は全部無視してくれてもかまいません。

リアルで会える状況にあるという設定でのお話なので。

女性はとにかく、暇な男性は好きじゃありません。

忙しくしていて、時間が空いた時に話すとか、普段休みがなくてやっと休暇が取れたとか、そういう忙しい男性は、会える時間などもかぎられていますから、その男性自体が貴重なんですね。

そういう意味でも、

暇な男 => いつでも時間がある => バーゲン品

という感じで思われるようになります、いずれ。

自分のやるべきことが遅れる

これも夢のある男性にとってはかなり致命的なこと。

僕たちが生きている目的は女性じゃありません。

他にやることがあってそこに向かって歩んでいるわけですが、いつもいつも長電話をしていて自分の夢の実現が遅れ、その上彼女との関係がもしダメになった場合。

ビジネスマンとしてはリスクが大きいんじゃないでしょうか。

自分がやるべきミッションも大事ですが、彼女との時間ももちろん大事。

週に3回くらい電話するなら1時間くらいでいいんじゃないかなと思います。

たまの週末に2,3時間くらいあったことを報告するのもありですが、頻度と時間のバランスは取ったほうが良いです。

まとめ

女性との長電話は確かに依存性があります。

それゆえに依存しない自制の働くおとなの男性にならなければいけません。

遠距離恋愛をしている場合は今回の話は全然関係ないですが、

女性と週に何度も会える状態で毎日のように長電話していては、最初はいいかもしれませんが、いずれ飽きるときが来ます。

女性が先に飽きる可能性もあるし、あなたの可能性もあります。

同じ3時間電話するのにも1時間を3回とか、1時間半を2回とかのほうが関係を進展させるうえでも良い気がします。

女性のスイッチと男性のスイッチの違いとは?・異性を好きになるスピードの違いとは?

こっちの記事でも書いているんですが、

女性は基本的に男性を好きになるのに男性よりも時間を有します。

そう言った意味からも長電話は避ける代わりに1時間程度の会話を2回に分けたほうがメリハリもあるし、新たな話題も見つかるはずです。

そして電話する際は男性側から電話を終えること。

男性が女性が

『もう行くね』

なんていうのを待ってるようだと本当に情けない。

電話は男性が終わらせる。

そうすることで女性はあなたに飽きなくなります。

『もっと話したかったな。。』

という気持ちになれば恋心を抱き始めます。

なんていうか、去り気味の男性ってかっこいいんですよね。

ゴルゴ13が、

『俺を去らないでくれよ』

なんて言ってるような男だと他のスナイパーに殺されますw

ゴルゴ13は美女とベッドをともにしたあと夜中とかに去ってます。

女性はその余韻でゴルゴがもっと恋しくなる。

とにかく男性が女性が電話を切りたがるまで待ってると、女性はこの男性を依存気質だと思います。

そう判断されて、いつもいつも女性が電話を終わらせるまで待っていては電話すらできなくなります。

  • 長電話はしない
  • 電話は自分から終わらせる

という2つの要点を守っていると関係が長続きしやすくなります。

関連性のある記事