強気で雑で冷たい男性は優柔不断で優しい男性の100倍魅力的で1000倍モテる

0
強気で雑で冷たい男性は優柔不断で優しい男性の100倍魅力的で1000倍モテる

なぜほとんどの男性はモテないのか?

それは一言で言うと、女性と男性の考え方の相違があるからです。

どんな違いかというと、女性が求めている男性像というのが男性が思っている常識とは全くと言っていいほど違うからです。

殆どの男性は、優しい男、やさおとこをアピールします。

いい人だと思ってもらいたいがためにあれこれ女性に尽くしてあげます。

これがそもそもの間違い。

女性が求める優しい男というのは、彼氏になった男性に求める理想像。

もしくは本当の優しさ。

本当の優しさとは女性の体を目的としない優しさ。

そういうのはバレバレですからね、実際。

マメな男 vs テキトーな男ではどちらが女性に惚れられやすいか?・女性の彼氏理想像への大きな誤解

優しすぎる男性が嫌われる理由・脱モテない頼りない男

こっちでも書いてるので良ければ参考にどうぞ。

さて女性が求める男性というのは、追いかけたくなるような男性だということは過去にも何度も話をしているんですが、

今日はもう少し別の角度から掘り下げてみようと思います。

たとえば、ほとんどの男性が女性に優しく接する中で、

ある男性だけはそういった女性に媚びることをしないで、なぜか魅力的な女性はそんなぶっきらぼうな男性の方ばかりに行く。

そういった男性な優男とは別で、女性を結構、雑に扱ったりするんですよね。

雑と言っても暴言を吐いたり、暴力をふるうとかではありません。

冷たくあしらったり、ちょっとした軽い命令をしたり、からかったり、ちょっと意地悪なことを言って困らせたり。

そういった基本性格があるから、少し優しくされると、感情のバロメーターがものすごい勢いで上下するんですね。

このバロメーターの起伏度が大きいととても優しい男性に見えます。

優男がそれ以上に女性に尽くしているのに、こういった雑なモテ男が女性が手に届かない高いところのものを取ってあげるだけで、

『この人普段冷たいけど、本当は優しい』

という風に感じて、その男性に一気に好意的になる。

そしていつもの冷たい男性の優しさを待ち焦がれます。

これが恋です。

こういったモテ男のたまに見せる優しさは真冬に出されたスープみたいに効きます。

一方、優男の優しさは真夏に出された鍋焼きうどんくらい暑苦しいのです。

これが女性心理というやつです。

優しすぎる男性に魅力を感じないのは、下心を感じてそのプレッシャーから離れたくなるので、優しい男を敬遠します。

女性が男性を敬遠するときは、その男性の優しさを受け入れられないから。

仮にもしあなたが優しくしている女性から思うようにレスポンスがない場合は、優しくなるのを辞めてみるといいかもしれません。

念のためにもう一度言いますが、雑にすると言っても暴言を吐いたり、暴力をふったり、そういうことではありません。

とにかく下心見え見えの優しさをやめると、女性も気軽に話しかけれる間柄になれます。

女友達として接するんですね。

ではなぜ女性は雑な扱いをしてくる男性が好きなのか?

女性はこういう雑で少し冷め気味の男性が好きなんです。

そういう男性は女心や女性の扱いを分かっているし、何より、そういった男性は強く見えるんですね。

女性の為に生きている有象無象の軟弱な情けない男には全く見えないから。

こういった男性の媚びない強気な姿は女性を何より魅了します。

こういった男性が女性にどう映るかというと、

  • 自信がある
  • 支配的
  • 精神的に強そう
  • 関係性をリードしてくれそう

こういう感じですかね。

自信がある

まずそういう男性は自信を持ってます。

自分自身に。

自分が自分であることに喜びを感じ、他の誰かをうらやましがったりしません。

自分に満足し、自分にリラックスしているから。

女性はそういう男性についていきたいんですね。

そうすることで自分自身の価値も高まるから。

そういった自信というのは今すぐにでも付けられます。

何かを持っている必要もないし、ましてや見た目は関係ない。

女性はそういうところでは判断しません。

大事なのはとにかく自信。

俺以上の男はいない、という自信。

根拠がなくてもいいんです、自分が卑屈になるのも根拠のないネガティビティ。

他人と比べることで自信を無くすのが人間ですが、比べることを辞めて自分自身でオッケーならそれでいいと思うようにします。

他人から嫌われることを恐れずに自分が自分であることに自信を持つようになれば女性は放っておかないでしょう。

支配的

こういう男性は支配的に見えます。

実際、女性に媚びていない時点で男性はこの女性の魅力に支配されていません。

殆どの女性はM気質であることが多く、強気に見える女性でも実際サディスティックな女性でもMのサイドを持っていたりします。

性的に受け身な女性でも攻め手の女性でも、支配的な男性に殆どの女性は魅力を感じるみたいだ。

精神的に強そう

さっきのような雑で支配的な男性は精神面で強そうに見えます。

何度言いますが女性に媚びてない時点で、他の男性とは違います。

自信と支配的な雰囲気はメンタル面の強さも見せることが出来ます。

いろいろな要素が相乗効果を生むんですね。

関係性をリードしてくれそう

女性は恋愛関係になるとほぼ間違いなく男性優位の恋愛をして欲しいと思っています。

男性がリードする関係です。

女性が何食べたい?と聞いたときに男性が一番良く言う、

『なんでもいいよ』

というあれです。

あれって実際別に優しくないんですね、実は。

女性に何を食べるか決めさせようとしているのと、自分が優柔不断なのをアピールしているわけですから。

こういう場合は、

『俺は寿司がいいけど、~は何が良い?』

という風に自分は寿司が食べたいと主張していますが、女性の意見も聞いてあげています。

こういう回答がいいですね、こういう場合。

こういう感じで、自分の思ったことを素直に言えるのもこういう男性の特徴。

まとめ

女性は男性に一途なところややさしさを求めているわけではありません。

遺伝子的には。

理性で優しい男性が好きですが、本能では強い男性が好きです。

そういった入り混じった感情を持ち合わせる女性ですが、男性が女性の裸を見て興奮するように、女性も本能には勝てません。

優しい男性というのは、理性では、良い人だな、と好意をもっていますが、男性としての魅力を感じません。

野獣さがないので本能でオスという風に認識出来ないんだと思います。

そういった雑で冷めたテキトーで支配的な男性は女性の大好物というわけです。

そんな男性から時々もらえる優しさに女性はすべてを投げ出して尽くそうとします。

男性が超絶綺麗な女性に入れ込むのと同じです。

優しい男性というのは確かにいます。

本当に優しい男性が。

同姓からも好かれる本当に優しい男性。

そういう男性は結構な割合でモテてない場合が多い。

人間としては最高なのに、女性にはモテないという現象が起こるのは、本能の部分で刺激できてないからです。

女性を箱入り娘のように扱うんじゃなくて、対等の人間として、性欲抜きで扱うだけで自然と仲良くなれます。

それに加え男らしさを見せていけば女性はあなたを一人の男性として意識し始めます。

そういったオスのフェロモンを漂わせる男性は、優しいだけの優柔不断な男性の100倍魅力というわけです。

関連性のある記事