女性との初デート後、連絡はどちらからするべきか?

0
女性との初デート後、連絡はどちらからするべきか?

ようやくこぎ着けた好きな女性とのデート。

初デート。

身だしなみをきちんとし、これまで学んだ男してしての魅力をいかんなく発揮するチャンスが初デート。

ダサい服は着てられませんし、清潔感も大事にしていないといけません。

女性が惚れる男性の動き、ジェスチャー、ボディランゲージとは?・姿勢、アイコンタクト、話し方、スピード、これだけマスターすれば確実にモテます

このページでも紹介しているんですが、男として女性に魅力を感じさせる動きとか話し方とか、そういうのもナチュラルに実践し、

いよいよ行った初デートの内容もまずくなかったとします。

女性からも少しボディタッチがあったりなかったり、まあこれはどっちでも良いんですが、

食事もおごったり、おごらなかったり、これもどっちでも良いです。

お互いに好印象のように思えたデート。

彼女も楽しそうだったし、割と盛り上がって楽しかったとします。

念願だった初デートを終えて帰宅します。

もちろん一人で。

その後、自宅でデートの余韻に浸ってあれやこれや思いを巡らし、良かったこと悪かったことをあれこれ考えて反省したりします。

彼女のヒップのラインや胸の谷間などを思い出しながらニヤニヤしてスマホの履歴とかを読んだりというのも結構楽しい。

そうしているとある疑問が沸きます。

次どうする?

初デート後の連絡はどうする?

というあの疑問が。

もう、この答えは一つしかありません。

どっちかが連絡するべきですが、

どっちがするべきだと思いますか?

男性?

女性?

もちろん女性です。

初デートの後の初連絡は女性にさせてください。

これにはたっぷりと理由があります。

その理由を解説しながら、なぜ女性にさせたほうが良いかというのをお話ししたいと思います。

なぜ初デート後の連絡は女性にさせたほうが良いか?

なぜ女性に初デート後の連絡をさせるのが良いか?

女性にさせると女々しくないのか?

いえいえ、とんでもございません、むしろ連絡をしないほうが男らしいのです。

ということでとりあえず理由を。

  • 好意があるかわかる
  • 女性に追いかけさせている
  • 不安にさせてこちらのことを考えさせる
  • 女々しくならない

好意があるかわかる

相手の女性に自分に対する好意があるかどうかが分かります。

もし連絡が無いようなら好意がない可能性が結構あります。

もし女性がハウツー本を読んでいて、初デートの後の連絡は男性にさせろなどというのを鵜呑みにしているとこういう場合も考えられますが、

基本的に初デートの後の連絡は好意があれば女性からしてきます。

もし食事を奢っている場合に連絡がなければその女性とは関わらないほうが良いでしょう。

もし食事を奢っていて連絡が来る場合は社交辞令ということもあるのでディナーをごちそうしていると少し難しい。

という理由などから僕は初デートでは奢りません。

それでも連絡が来るなら好意しかないというのが分かるし、もし奢ってないからといってがっかりするような女性なら、僕はその女性はいらないですからね。

という感じ。

まあでも、奢っている場合で、

食事以外のことで、今日は楽しかったとか、また今度会いたいとか、行ってくるようならポジティブに取れます。

具体的な次の約束を聞いてい来たらかなり脈ありですね。

女性に追いかけさせている

連絡をさせること自体が女性に追いかけさせる立場を取っていることになります。

初デートが終わった後、どちらも楽しかった余韻に浸って相手のことを考えているわけですが、

その時にその女性から連絡させるのはこれからの関係性を築くうえでも重要な要素となってきます。

不安にさせてこちらのことを考えさせる

もし女性に好意が少しでもあったとして、こちらが連絡をしなかった場合、女性は多少なりとも不安になって、

何がいけなかったとか、怒らせたかもとか、いろいろあなたのことを考えさせることが出来ます。

考える時間が長ければ長いほど、人は恋に落ちるので、そういう効果からも男性からは連絡しない方が良いです。

女々しくならない

初デートの後に男性の方から連絡することを想像してみてください。

『今日はありがとう、楽しかった。またどこか一緒に行こうね』

と、まあありきたりな普通のメッセージ。

こんなのジェームズボンドもゴルゴ13も絶対にしません。

こんな感じで普通に送ったとしても、女性を追いかけている立場になっているし、ここで冷める女性も中にはいます。

このメッセージを送るだけで、この関係の優位な立場にいるのは女性の方であなたが女性の返信を待つ乙女になることになります。

もしこれに絵文字や顔文字なんかがあったら最悪です。

女性は引きます。

楽しかったデート、その後の余韻、そういったプラスの要素をこちらがメッセージを絵文字付きで送ることで一瞬で1日の出来事をぱあに出来ます。

そういうリスクをはらむのが男性から初デート後に送るメッセージなのです。

まとめ

まずリスクしかないのが、初デート後の男性からの今日はありがとうライン。

『女性に送らせる』という行為をせずしては次のデートにこぎつけることは難しいです。

というか、女性に送らせた方が次の約束が格段にしやすい。

1回目のデートが良ければ大抵女性の方から次の予定を探るよな感じの内容のことを送ってくるか、直接次のデートについて聞いてきます。

それを男性側から、

『今日はデート楽しかった、~ちゃんめっちゃ可愛かった♥』

なんて送ったら冷める女性が急増します。

冷めてもマイナスにならないくらいのプラスの魅力をあなたが持っていたら次のデートも出来ますが、

好き度が対等になってくるので絶対に男性から送るのは辞めたほうがよいですね。

もし、女性にいろいろ奢ってもらっていた場合は社会人としてのお礼はデート後にしてもいいですが。

が、しなくても良いです。

お礼はその場で言っているはずなので、わざわざ言う必要もない、というのもよくわかるからです。

どういう場合でも初デート後は女性に連絡させてください。

先ほどの好き度のことも絡んできますが、今後の関係性でリードしやすくなるのがこちらかは送らないという選択です。

女性も男性が送るもんだと思っている可能性もあるのでデートの次の日の夜までは様子を見てみましょう。

それまでほとんどの場合は連絡が来ます。

向こうが脈ありなら。

関連性のある記事