女性との会話ではインダイレクトな返答をしよう・女性に良い人だと思われようとするのは止めてミステリアスで魅力的な男性になる方法

0
女性との会話ではインダイレクトな返答をしよう・女性に良い人だと思われようとするのは止めてミステリアスで魅力的な男性になる方法

女性に良い人だと思われようとするのは止めよう

女性との会話で男性は割と苦労が多いと思います。

どう返していいのか、どう返信すれば or 返答すれば良い人に思われるのか?

などなど、とにかく良い人でまじめな人に思われようとする男性が多すぎます。

こんなのは女性からすればお見通しで、良い人になんか思わないし、思ったとしても恋愛感情を抱くことはありません。

それなのに良い人に思われようとする人が多すぎのでこの辺のことを少し今日は話していきたいと思います。

女性は良い人に見える人や優しそうに見える人には一般的にあまり性的興奮を覚えません。

優しい人が好きと言っている女性がイケメンと付き合ったり、冷たい冷たい難ありの男性にぞっこんだったり、

『あいつむかつく』

なんて言っている男性といつの間にか付き合っていたとか、

そういうことが良く起こります。

なぜか?

女性は男性がどう口で表現しようと、それ以外のところで男性を判断しようとします。

例えば良い人そうに見せようと、

『趣味はボランティアです ドヤ、( ー`дー´)キリッ』

と言ったとしても女性は、

『また、このパターンか』

としか思いません。

お見通しです。

そういう口で何とかしようとする男性や、良い人そうに見える男性には興味が湧かないんですね。

それよりも、

自分の思い通りにならない男や、

口は悪いのに、行動がその口の悪さに伴っておらず、逆によい行いをしれっと出来る人、

というような男性に女性は結構ころっとやられてしまうことが多い。

いわゆる、冷たい男とツンデレ男ということ。

良い人で優しい人というのは確かに稀なんですが、女性はそういう人にはあまり魅力を感じないようになっています。

なぜか。

冷たい最低男とツンデレ男の他にもう一つこれまで話したことがなかった部類のカテゴリが存在します。

それはミステリアスな男性。

ミステリアスな男性は何を考えているのか基本的に分かりません。

いろいろ話しかけても返ってくる返答が他の男性とは全く違ったユニークなものだったり、どんな世界を生きているのか不思議な男性。

そういう男性がどんな会話をするのかということを例を交えて紹介したいと思います。

ミステリアスな男性がするインダイレクトな会話

さてミステリアスな予想不可能な男性がする会話とはどんなものか?

それは、

インダイレクトで、明らかに冗談だというようなことを本気で答えたりする会話

のこと。

例えば女性が

『お仕事は何やっているんですか?』

と聞いてきたら、通常は、

『~株式会社の~部の部長をやらせていただいております』

とか自慢しているのに控えめに言ってよい人そうに見える最悪な回答をしている場合が結構多いのですが、

そういうのは仲良くなってから教えるもので、

そんなありきたりな普通の返答をされても女性はすごいとか思わないし、むしろちょっと退屈とすら感じてしまう。

こういう場合は冗談だと思いっきりわかるようなことをまじめに答えることで、一気にあなたに対する印象が変わります。

たとえば、

『お仕事は何してますか?』

と聞かれて、

『ストリッパーをやらせていただいております』

と大真面目に答えると大抵女性は、

『えっ?』

と聞き返してきますw

これだけで普通に~会社の~長をしているなんだの言うよりミステリアスで魅力的です。

ただここでヘラヘラしたり、げへへしたり、スケベそうに言ってはいけません。

そうすると逆に魅力がなくなります。

ただの下ネタおやじというレッテルを貼られて避けられるようになりますw

次に多いのが年齢を聞く質問。

女性が

『何歳ですか?』

聞いたら、

大抵は、

『何歳に見えますか?』

とか、自分の年をそのままいう場合が多いですが、

そこも敢えて滑らない感じでユニークな返答をして見ても良いです。

例えば、

『昭和~年生まれです』

というのは女性も少し考えなければいけないので計算することで次の会話の間口が広がります。

女性が計算できなかったら、

しょうがないなぁという感じでちょっとあきれる感じで、

『~歳だよ』

と言ってあげれば、女性の立場が少しあなたより下になりあなたに魅力を感じるきっかけになります。

基本的に女性は自分が教わる立場にいる方が教える立場とか上の立場の人に恋心を抱きやすいんですね。

教師と生徒、上司と部下、先輩と後輩、王子さまとシンデレラ、完璧なイケメンとドジな女の子、

という具合のキャラ設定は女性が萌え萌えキュンキュンするシチュエーション。

少し意地悪で冷たいキャラがモテるのも、そういう理由からでもあるんですね。

こういう感じでいろいろな質問に普通に返さないということいつもではなく、何回かに一回混ぜてやることで、女性は興味を惹かれるし、喜びます。

あなたに飽きなくなるんですね。

そういった会話での興奮が女性を性的に興奮させることにつながります。

女性は、耳で男性を好きになれます。

言葉だけで男性を好きになることが出来ます。

それが出来れば最強なんですが、それが出来ないので、ボディランゲージという他の角度からの攻め方も出来るわけです。

女性が惚れる男性の動き、ジェスチャー、ボディランゲージとは?・姿勢、アイコンタクト、話し方、スピード、これだけマスターすれば確実にモテます

このボディランゲージは冷たい最低男、ツンデレ男、ミステリアス男、どんな男でもマスターしておくべきです。

女性に惚れられる可能性が上がり、スピードが速くなりますから。

使える例

今日は特別に僕が使うテクニックを伝授しようと思いますw

これは良いなと思ったら実際に使ってもらっても構いませんw

それでは。

女性『出身はどこですか?』

男性『ゴッサムシティです』

これは女性はわからないかもしれませんが、その後に普通に答えればオッケーだと思います。

ダイレクトに答えないというのが目的なので。

まじめに答えます。

ヘラヘラしながら言わないように。

女性『趣味は何ですか?』

男性『ジェンガかな』

これも使えます。

女性『なんで遅れたの?』

男性『ごめん、バルサンしてた』

とか

男性『そこで不思議なばあさんに会ったんだよ、話し込んでたらお礼にってこれくれた。あれっない』

とか言う嘘くさいストーリーを真顔で言いながらまじめにポケットとかを探し出す。

女性『ばか』

とか言ってきますが、女性は喜んでいます。

女性『今日何してたの?』

男性『山にキノコ採り行ってた』

とかそういう感じで明らかに冗談みたいなことを真顔で言います。

こういうミステリアスでちょっとよくわかんない男性を女性は好みます。

こういった返答は毎回だと変な奴なので、時折混ぜて会話します。

こういう感じで話していると女性が本当に飽きません。

インダイレクトに答える、ダイレクトに回答しないことが大事です。

まとめ

女性は感情の動物であるともに想像の動物です。

男性が言った言葉の裏を男性以上に考えます。

女性は目で見えない部分で男性を判断しようとするので、一般的に言われる、男性の靴やベルトなどの小物で男性を判断しようとします。

それはほんの一例で、男性が言った言葉の裏や背景などで真実を知ろうとします。

男性が女性に対して言う言葉にはほとんどが嘘や嘘くさい、色付けしたことだと女性は認識しているので、自分を良い人だと思わせようとする男性は最初っから恋愛対象外になります。

口ではいいこと言ってるけど、という反応が女性の脳内で起こります。

なので口が悪くても、

『本当は優しい人なんじゃないの?』

とか、いう感情で冷たい人に興味が湧き始めます。

この場合、暴言とは違います。

不愛想なものの言い方とか、ぶっらきらぼうな表現とかですね。

今回のミステリアスな表現も、女性は男性が何を考えているか想像するのに楽しかったりするんですね。

分からないから。

予想が出来ない男というのは女性にとってはエンターテイメントです。

男性は物事が予想できないと、ストレスに感じます。

逆に女性はその未知なるものに興味を覚え、興奮していきます。

冒険心の強い女性心理がミステリアスな男性を好み、よりその男性のことを知りたくなっていきます。

ぶっきらぼうで冷たい男性、ツンデレもいいですが、こういうミステリアスな要素を持った男性も女性の大好物というわけです。

関連性のある記事