なぜ怖い人、怖そうな人がモテるのか?その理由は?・動物的オスの怖さとは?・怖メンズファッションのすすめ

0
なぜ怖い人、怖そうな人がモテるのか?その理由は?・動物的オスの怖さとは?・怖メンズファッションのすすめ

なぜ怖そうな人がモテるのか?

怖い人がモテるというのはよく聞く話です。

これにいはいろいろな理由があると思うんですが、それを今日は分析してみようと思います。

まず怖そうな人の特徴はなんだろうかと考えた時に、一番に言えるのは強そうということ。

あとは野生のオスという感じを出しているところ。

アドベンチャーに見えるとかそういうのはプラスの要素なんですが、おそらくそういうのは2次的なスパイス。

怖い人が女性にモテるのは、おそらく守ってくれそうだから

だと思います。

怖い人を味方に付ければ自分は安全だということ。

そういう意味で、

女性は怖い見た目の人を見るとそういう意識が遺伝子レベルで働くんじゃないかなと。

その証拠に、怖い見た目なのに、実はへなちょこだったらその男性はモテません。

最初は良くても女性は、

『なーんだ、へなちょこやろうか』

になります。

逆に見た目は普通なのに、その男性が実は怖めの内面を持っているとわかると、女性はその男性に媚び始める。

その男性が怖い人だと認識するから、味方に付こうとする。

こういった傾向からすると、女性は、怖そうな人というか、少し怖傾向にある男性が好きなんだと思います。

怖そうな人がモテるのはまず見た目で怖い人だと判断されるので最初から女性が近寄って来やすい。

問題はそこから、その男性が怖そうなだけで実は優しい男性なら割とギャップで好印象かもしれないし、興醒めする女性もいるかもしれない。

見た目怖いのにギャップ萌えは、そのギャップが女性にとってどう映るか、あとはどう優しいのかという点で女性次第で変わってきます。

母性のタイプの女性か本能のタイプの女性かということも大いに関係してきますね。

『母性』と『本能』の強さで、女性が好きになる男性のタイプが変わってくる

まあでも怖そうな人は最初はモテます。

その逆のタイプの男性、見た目は普通なのにちょっと怖めの人。

こいうのは最初は女性が怖い人だとは気づかないので寄ってきにくいですが、少し中身を知れば女性はその男性に認められようとしてくる。

要は入り方の違いなんですが、

怖い人がモテるというのはやっぱり本当だと思う。

女性はおそらく本当に少し怖めの関係性をリードしてくれる男性が好き。

要は中身が重要になってきます、結局。

ただ、中身はやはりすぐにはわからないので、外見で判断するしかありません。

怖い見た目の男性が多くの女性に好まれるのはそういうことからですね。

最初のとっつきが怖いから好印象なわけですね。

まあでも、中身の怖さ(関係性をリードできるイニシアティブ、強いボディランゲージとアイコンタクト、女性に媚びない男らしさ)がやはり女性が求めてるものです。

外見怖いのにすごく優しいというのはドキドキしてスリリングで好きになる要素はたくさん持っていますけどね。

ただ誤解して欲しくないのが、怖いと言っても暴言を吐いたりとか、暴力を振ったりとか、ゴリラみたいに歩くとか、そういうことじゃなくて、

あくまでも堅気で社会的なレベルを逸脱しない怖さ。

本当に怖い人というのは女性は敬遠して近づいてきません。

女性が好きな怖さというのは社会的、理性的な怖さではなくて、動物的でオスとしての怖さです。

動物を見ていてもわかるのですが縄張り争いはしますが、オス同士だけです。

ケンカはしますが殺し合いはしません。

動物たちは人間より人間らしいところがあって、オスはメスを守ろうとします。

女性はそういった男性をやっぱり求めているんですね、本能で。

女性が求めているのは動物としてのオスの強さで、反社会的な人間的な怖さではありません。

怖そうな男性がモテるのもそういった動物的な強さを秘めていると見た目で判断するからですね。

そこに中身が伴っていないと女性はやっぱり逃げてしまいます。

いくら外見がかっこよくても、強そうでも、中身がへなちょこなら女性は離れていきます。

見た目で出会いのきっかけを作ることも大事ですが、長続きする良い関係は中身からくるんですね、やはり。

猿の話

稀にというか、中には、中身をすぐに見抜くことが出来る女性が存在します。

そういった女性は怖そうとかイケメンとか、そういったことに全く興味が湧きません。

目と表情と匂いと耳から入ってくる情報で瞬時にどんな男性か見抜くことが出来る女性。

そういう人に出会ったことがあります。

その女性は僕の知っている男性を見てすぐにどんな人かわかっていましたからね。

実はこういった能力というのは女性には割と備わっているらしい。

たとえば猿。

猿は次にボス猿になるであろう若いオスが分かったりするらしい。

現在のボス猿に引っ付いていたメス猿はある時から若いオス猿に引っ付くようになったという、その後その若いサルはボス猿になったというような例が結構ある。

人間の女性でも、

『あ、この男性はいつか成功する』

というのをすぐに感じてる女性がいるみたい。

稀な例なんですが、こういうのでモテる男性もいます。

どこか風代わりな雰囲気を持った男性というのはもしかした女性にこういった異な感覚を与えているのかもしれません。

まとめ

ということで少し話がそれてしまいましたが、きっかけを作ったり増やしたりするのに、少し怖めの男を演出するのはありだと思います。

怖いといってもやーさんのような怖さは必要ありません、というかそうなると女性が離れて行ってしまいます。

本当に怖いから。

ここずっと流行っているちょい悪おやじ。

こういうのは女性は結構まんざらでもないようだ。

もともと女性は男性のそういう野生的な部分が好きですから、自分の彼氏や旦那が少し男として魅力的に見えるんだと思います。

若い独身の男性なら、かっちりキレイ目もいいですが、少し遊んでる風の怖めのアクセントを入れると若い女性なら喜ぶかもしれません。

アクセサリーをしている男性がモテるのもそれがすこし怖要素になっているからだと思います。

この怖要素というのは研究すればするほど女性が好きなものが分かって来そうなきがしてます。

いずれ怖要素や怖メンズファッションについて分析しようと思います。

ではまた。

関連性のある記事