女性とケンカになったときの対処法・女性の感情を理解してあげる・父娘に学ぶ女性の扱い方法

0
女性とケンカになったときの対処法・女性の感情を理解してあげる・父娘に学ぶ女性の扱い方法

さて、女性と仲良くなってくるといろいろケンカが絶えないこともあるかと思います。

女性は時々気難しい一面を見せるところがあるので、そういった時にどう対処すればよいのかいろいろ頭を悩まされます。

まず男性と女性がケンカする際、どういうわけが折り合いがつきません。

それにはちゃんとした理由が存在します。

なぜなら、

男性は理論的に筋道を立ててどちらがどうかということを主張しているのに対し、

女性はどちらがどういう風に感じたか、傷ついたかということを主張するから

です。

これじゃあ話がまとまらないのは当たりまえです。

この辺は僕もケンカの際はいつもこのタイプの言い合いにうんざりするんですが、こういう場合対処法は一つしかありません。

それは、まず女性がいかに傷ついたかということに理解を示したうえで論理的に物事を説明すること。

まあ説明をするかしないかはどっちでもいいですが、必要なのは、女性を理解してあげること。

『なんでこんなに私が怒っているのに分かってくれないの?』

というのが女性側の言い分です。

その背景というのはありません。

まずそこを理解してあげないと話し合いは前には進まないことが多いです。

僕自身は、女性とケンカする際は必ず、

『確かに』、『まあ、確かにそうも考えられるね』

とわかってあげている感じのことを言うのでその後がスムーズに進みますw

本当にやばいことを言っている時は永遠に無視しますがw

という感じで、女性はどんなケンカの時もケンカしている内容よりも、

なぜ男性が自分の気持ちを分かってくれないのか、なぜそんな言い方をするのか、

というようなことを一番に考えて言い合いをしています。

このサイトの他の記事でも書いているんですが、

女性は男性が言っていることは基本的にはあまり聞いていません。

ある科学者たちの研究では女性は男性を判断する際、男性が話していることは7%くらいしか判断材料にならないらしい。

残りの93%で男性のしゃべり方や声のトーン、ボディランゲージを見てその男性を判断するように、

男性がいくら理論立てていろいろ説明して理詰めで諭すように言ったとしても、女性が怒っている理由や、悲しんでいる状況を理解しない限り、言い合いがほとんど無駄というか労力だけを消費することになります。

こういうのが続くとお互いにとても疲れます。

なのでもしこういったケンカがいつも怒っている状況にいる場合は、男性側が大人になって、

まずは女性の感情を理解してあげる

と、ケンカが悪化するのを防げると思います。

そうすると、後々、関係自体が悪化するのを防げます。

結局ウィンウィンなんですね、最初は癪に障りますがw

ただ、女性はこういったことが続くと男性にあとあと感謝してくるようになります。

なぜなら女性は男性を減点方式でジャッジしていて、こういったケンカでいつも通り男性特有の左脳攻撃をしていては、女性からどんどんポイントを減らされていきます。

そうなると、女性は急に不機嫌になることが増えてくるようになります。

いわゆる思い出し怒りですw

なぜ女性は急に不機嫌になったり、黙り込んだりするのか?・ぷんすか怒った女性に包容力を見せてやりましょう

こっちの記事でも書いてるんですが、女性が急に不機嫌になることが多くなるかもしれません。

そういった理由などから、

ケンカの際に、男性側がそういった大人でジェントルマンな対応をすると、女性の思い出し怒りも減り、逆に包容力のある男性の態度に見方を変えてくると思います。

ただ、女性の下になって平謝りすのではなく、あくまでも父親が娘の言い分を聞いてあげる感じ。

そうでないと、女性は完全に言いたい放題言ってくるようになります。

明らかに女性が言っていることがおかしい場合はガンとして聞き入れない父親らしい態度を見せることも必要です。

女性にはある程度ルールを設けていかないと関係を築くうえでこちらが良いように使われるようになってきます。

そうならないためにもある一定のルールを決めておいて、それ以外は女性の感情を理解してあげる。

父親が娘と接するように。

そういう感じが、女性が守られているという風に感じるんじゃないでしょうかね。

関連性のある記事