モテるために女性との会話の中で僕たちが集中すべきこと・女性の魅力のスイッチを上げていこう

0
モテるために女性との会話の中で僕たちが集中すべきこと・女性の魅力のスイッチを上げていこう

女性との会話で一体何に集中すれば良いか?

女性との会話で何を話せば良いかというのは永遠のテーマみたいなもの。

初対面に近い女性と話をするの割と困難に感じる人もいるしそうでもない人もいます。

ただここでほとんどの人が考えるのが、

『女性に退屈な思いをさせてはいけない』

とか、

『女性を笑わせなければいけない』

とか、

『会話を途切れさせてはいけない』

とか、

こんな感じのこと。

言ってみればこちらがピエロのような考えになっている人が多い。

実はそんなことは全く考えなくてオッケ。

というか女性を喜ばせよう喜ばせようとすると、空回りして焦っている感じが出てしまう。

あと女性を喜ばせようと必死だと、女性も喜ばなければいけないという変なプレッシャーを感じてしまう。

それに女性の下手になっている感じが女性に違和感も与えてしまうので、出来るだけこういった感じのことは思わないほうが良い。

女性は別に喜ばせなくて良い。

いや、

女性を喜ばせることよりも他のことに集中しよう。

ということ。

他のことってなんぞや?

話は変わりますが、女性には男性に感じるスイッチみたいなものがあります。

男性にもあるんですが、

女性のスイッチと男性のスイッチの違いとは?・異性を好きになるスピードの違いとは?

こういう感じ。

こっちの記事でも書いているんですが、女性の好意のレベルは調節式のスイッチみたいになっています。

上の記事で詳しく書いているのでここでは省きますが、

僕たちが女性との会話で集中しなければいけないのはこのスイッチを上げること。

女性を喜ばせようとすることでも女性に良い人だと思ってもらうことでもありません。

このスイッチを徐々に上げていくことが男性の魅力を上げていくことにつながります。

具体的にどういったことをすれば良いか?

まず女性との会話で何をしなければいけないかというと、

  • 混乱を混ぜた会話
  • 感情レベルの内容
  • 強いアイコンタクトと姿勢や態度

こういったこと。

少しからかい気味のことを混ぜても良いと思います。

僕たちが女性と話するとき、考えるのが、

『話が途切れたらどうしよう』

とか、

『会話を盛り上げないと』

とか、

『何か面白いこと言って女性を笑わせNight』

とか、

そういう感じのこと。

ナーバスになって緊張しまくる負のスパイラルの入学式の始まりです。

女性との会話で沈黙を恐れる必要はありません・沈黙こそチャンスなり

こっちの記事でも書いているんですが、ナーバスになる必要はまるでありません。

上の記事で書いているのでここでは敢えて説明は省きますが、沈黙が来てもまったく問題ない。

まずその前に女性と会話をする上で集中すべきことがまず自分のことなので、女性のことは考えなくていいですw

じゃあ解説。

混乱を混ぜた会話

女性と会話する中で有効なのが、女性が混乱するような感じのことを言ったりすること。

女性が聞いて来る質問に対してまともな返答をしないこと。

例えば女性とバーで飲んでいる時などに、女性に質問されたとします。

『今日はもうご飯食べてこられましたか?』

そこで、答えます。

『クジラベーコン食べてきました。』

と。

冗談か本気かわからないので女性は混乱しますw

『ほんとですか?』

と聞かれたら、本当のことを言えばいいです。

女性はこの会話であなたに対する魅力のスイッチを上げます。

次に例えば女性から、

『好きな食べ物は何ですか?』

と聞かれたら、

『里芋』

と一言答えるのもありです。

女性は本気かどうかわからないので更に混乱します。

こういった感じでいつもふざけた感じで混乱する答えを用意しておけば女性はあなたに魅力を感じます。

こういったことはすらすら出てくればいいですが、なかなかそうはいかないので、メモ帳か何か作っておいた方がいいですね。

こういうのはセンスが問われます。

逆に言うとじっくり考えてノートを取って置けばそれだけモテる要素が増えるわけですから、やらない手はない。

女性の質問してくることってだいたいみんな同じです。

なので回答を用意しておくと後々楽ですよ。

感情レベルの内容

次に気を付けるのは会話の内容。

女性と話をする時にあんまり男性がいつも聞いていそうな内容の質問はしないほうが良いです。

『お仕事はなんですか?』

とか、

『趣味は何ですか?』

とか、

『休みの日には何してますか?』

とか。

こういうのは婚活パーティでする会話で、こういうのを質問していては、モテない男ですアピールをしているようなもの。

そういうことよりも女性がもっと興味を惹く内容の話をすること。

例えば女性の持ち物。

男性『そのカバン、どこで買ったの?』

女性『デパートですよ、どうしてですか?』

男性『母親が同じの持ってるから』

と冗談めいた混乱を誘う内容のジョークを言ったりします。

女性がショックを受けても、下手にならずに、

『冗談、冗談、いいカバンだね』

と一言言ってその内容を止めます。

完全にミステリアス極まりない男性になっています。

女性はこの少しだけ無礼な感じの男性がすごく好きです。

女性の感情を引き出すことに成功する会話をするのがモテる男ですが、

会話の内容を感情レベルの話題で引き出し、返事には混乱を招くコラボをかましています。

男性が女性と会話をする時はこういったことを繰り返すことで、女性があなたに対する魅力のスイッチをどんどん上げてきます。

僕たちが女性との会話で集中しなければいけないのが、こういった方法で女性のスイッチを上げていくこと。

女性を笑わせようとしたり、良い人になることじゃありません。

強いアイコンタクトと姿勢や態度

最後に強いオスとしてのふるまいです。

これだけあれば女性に魅力を感じさせることが出来ますが、これと上で話した会話術が混ざれば最強のモテ男になれます。

女性が惚れる男性の動き、ジェスチャー、ボディランゲージとは?・姿勢、アイコンタクト、話し方、スピード、これだけマスターすれば確実にモテます

アイコンタクトや強い姿勢などはこっちの記事でも書いているのでここでは省きますが、

これらのことに気を付けて女性と話をすれば結果として、女性に魅力を感じさせることが出来ます。

まとめ

まとめると、

とにかく、女性を喜ばせようと思って会話していると、必ず失敗します。

女性を喜ばせなければいけないとか、そういう感じのことを思っていると女性に勘付かれます。

自分より立場が下だと思われて魅力のスイッチはどんどん消灯モードになっていきます。

喜ばせようと思っていることが逆に嫌われていくことになるわけです。

そもそも女性と会話するのは女性と関係を持つことが目的です。

関係を持つためには女性が男性に感じる魅力のスイッチを上げないといけませんが、それを最も早く可能にする術が上で挙げたモテ男の真似をすること。

女性はこういうミステリアスなキャラが大好物。

ツンデレよりもモテます。

こういった男性と体の関係を持てるようになるというのは、女性としても嬉しいわけです。

とにかく、女性に媚びないこと。

下手になってピエロにならないこと。

女性を喜ばせる必要はないんですね。

良い人に見られたりする必要もないし、見られたくない。

こういう感じで、女性と会話するときは女性のスイッチを上げる作業に集中してればオッケーなのです。

関連性のある記事