蛙化現象になったときに気を付けたいこと

蛙化現象という言葉をご存知でしょうか?

蛙化現象というのは好きな相手が自分を好きになった瞬間に冷めるという現象で、女性に多い現象なんですが、男でもこの蛙化現象というのは存在します。

僕にもその蛙化現象というのがよくあって、今まであれだけ好きだったのに、自分に好意を寄せてくれるようになるとかなりの割合で冷めるようになります。

ここで僕たち男性が気を付けなければいけないのが、

その時の感情でその女性に冷たくしすぎたり、距離を置きすぎたり、振ってしまうこと。

なぜかというと、蛙化現象は一時的な感情であることも多く、その女性が距離を置いてきたりすると、今度はこちらが後悔する羽目になるからです。

僕も何度となく経験しました。

一時的に蛙化現象や賢者タイムなどで冷たくしていた女性が去っていった途端、その女性のことが恋しくて忘れらなくなる感じ。

そういった後悔などがない人なら問題ないのですが、特別な理由があって嫌いになったわけではない女性が去っていくのはやっぱり悲しい。

なので蛙化現象が起こっても女性にあまり冷めた態度は見せないようにしてください。

何か聞かれたら、『仕事で疲れてて。。』とでも言ってください。

そうすると悪い印象を与えずに距離を置くことが出来ますから、距離を置いたら感情も復活してきます。

そういった対処療法で自分の感情と向き合ってみることが大事です。

とりあえず感情に任せて振るというのは後々、後悔が大きいので、ぐっと我慢してみてください。

蛙化現象になったときの対処法

さて、次に蛙化現象になったときの対処法なんですが、とにかく深く考えずに、すぐに結論を出さないこと。

そして、相手の女性に気づかれないように少しだけ距離と時間を置くようにして、その女性を恋しく思うかどうかというのを試してみることです。

蛙化現象や賢者タイムは正直結構つらいんですが、僕が昔やってしまっていたように、女性を振ったりしたら、後々、後悔することにもなりかねません。

出来るだけ自分で納得できるように、蛙化現象になったときは時間をかけて結論を出すと、その女性を振ったとしても後悔する度合いが変わってきます。

実際、蛙化現象になる人は責任感が強い人なんだと思います。

相手の気持ちにこたえられないという思いからプレッシャーを感じて、そこから抜け出したくなって結論を出してしまいますから、

とりあえずは、ぐっとこらえて、相手の良い場所を徹底的に探してみること。

綺麗な女性やセクシーな女性ならその部分にフォーカスするとだんだん蛙化現象が沈静化していくことがあります。

男性のみなさんならわかると思いますが、性欲がたまっていくと蛙化現象も収まったりします。

そういうのを繰り返していって、その女性との時間を増やして慣れていくと、蛙化現象も自然と収まってきます。

まとめ

ということでまとめると、

蛙化現象になったら、その場の勢いで女性を振ってしまわずに、とにかく落ち着いて一人になる時間を作ってください。

その際に気を付けなければいけないのが、女性にあからさまに距離を置いていることを知られないこと。

仕事で忙しいとかという理由なら、『距離を置いている』と不安になられることもありますが、女性はなんでも疑いますからwとにかく女性の良い部分にフォーカスするといいかもしれないですね。