有効的なヤキモチの妬かせ方・間違ったヤキモチの妬かせ方・恋は焦らず

0
有効的なヤキモチの妬かせ方・間違ったヤキモチの妬かせ方・恋は焦らず

間違ったヤキモチの妬かせ方

さて、恋愛においてとても良いスパイスとなるのが嫉妬。

ジェラシーとも言われるやきもち。

日本語には3つの言い方があるんですね。

それぞれなんとなくニュアンスが違ってきますが、この嫉妬というやつはなかなか扱いが難しかったりします。

自分が相手にやきもちを妬いている場合は特に。

この感情を抑えることは並大抵のことではありません。

みなさんも経験があると思いますが、好きな女性が他の男性と仲良くしている時にはいてもたってもいられないですが、そこをぐっとこらえることがやっぱり大事なんですよね。

そんな扱いが難しいヤキモチを武器にすることもできます。

もしこちらが、好きな女性が他の男性と仲良くしていてヤキモチを妬くなら、ある女性があなたに好意を持っていたり付き合っていたりした場合、同じようにその女性にヤキモチを妬かせることが出来ます。

もちろんこの方法には正しいやり方というか、やってはいけないやり方をしないというか、ある程度方法みたいなのがあると感じています。

僕が思うに、女性にヤキモチを妬かせることで一番やってはいけないのが、

体の関係をもったということを知られること

それでもあきらめない女性もいるかもしれませんが、もしそういったことをヤキモチを妬かせるために言うのではあればそれはあまりおすすめしません。

好きな人の態度がそっけないとか、好きな人が好意を持っているかわからないので他の女性と連泊したとか、もしその女性があなたのことが好きな場合辛すぎるスパイスになります。

それが原因で吹っ切れることもあるし、あなたのことがさほど好きではない場合もまた良い印象は持たれません。

振られた場合もそうです。

振られた場合、他の女性とデートすることは構いませんが、ヤキモチを妬かせるためにそのことを伝えたりするのはやめたほうが良いということです。

ヤキモチを妬かせるのは確かに難しいですが、正しいやり方というのは食べ物にスパイスをかけるがごとくやること。

コショーもそうだし、七味もそう。

ちょっと刺激が強い山椒もまた少量でいいのです。

良く女性が好きな男性にヤキモチを妬かせようと他の男性とイチャイチャしたりボディタッチしたりして失敗する例があるように、男性もやりすぎるとあきらめが悪い女性もあきらめることがあります。

有効的なヤキモチの妬かせ方

もしヤキモチを妬かせたいなら出来るだけソフトにそして長いスパンで、そして自然にすることが重要となってきます。

例えば、他の女性とごく普通に楽しそうに話すとか、他の女性とカフェに行くとか、微妙なくらいの方法が一番効果的なんですね、長いスパンで見れば。

というわけで、恋は焦らずという言葉がしっくりくる内容でしたが、焦って変なことをしたことがある人はいっぱいいると思います。

僕もそうw

ですから、音楽でも聴いて焦らずゆっくり進めることが男性の余裕にもつながるわけです。

恋はあせらず by シュープリームス

関連性のある記事