みなさんはとんとん拍子に事が運び、うまいタイミングで物事が運んだ経験がありますか?

おそらく皆さんのほとんどがそんな経験をしたことがあると思います。

想像以上に物事がうまく運び、まるで流れる川を舟で下流まで流されるかのように。

どうやったらそういった流れに乗ることが出来るのでしょうか?

実は、そんなのはご飯を鍋で焚くより簡単です。

流れに乗るというのは何もしないということですから。

そういうと語弊があるかもしれませんが、もっと言うと抗わないということです。

みなさんも経験からあると思うんですが、物事がうまくいった時と言うのは、

自然体でいて、本当に何も意識していないときだったり、気分が爽快で清々しかったりした場合が多かったんじゃないでしょうか?

引き寄せの法則などで、欲しいものを願うとします。

『俺は絶対この大会で優勝するんだ!』

とか

『この宝くじは絶対当たりなんだ!』

とか、妙に念を込めて力いっぱい思い込む感じ。

こういうのは僕もそうですが、皆さんも経験済みだと思いますw

ですが、こういうスタンスだとほとんどの場合そうなりません。

力が入りすぎていて、いろんなものを遮っている感じ。

ボートの上で体を前のめりにして前方向に思いっきり揺らしてもボートが加速するどころか転覆すらしてしまうかもしれません。

なにより自分がつらい。

僕もいろいろとうまくいかないことを経験しましたが、そのたびにうまくいかなければいけないという強い執着を手放すように努力してきました。

難しいんですが、とにかく何も考えずに、しなければいけないことをやりました。

そうすると、次第に自分がある流れに任されてある方向に向かっているということがなんとなくですが、分かってくるようになります。

その中で小さな波があったりしますが、そこでもどんなことが起ころうと動じないように気を付けること。

『それは起こってはダメなんだ!』

という感じに息むとまた流れを遮ってしまいます。

もちろん、本当に怒って欲しくないことを阻止することは大事ですが、人間関係や日々のストレスになることなどはところどころ諦めて、流れと言う大きな力に身を任せてみることで自分が楽になるになります。

自分はいなくてもこの流れは止まりません。

だったら、その流れでぷかぷか泳いでいたほうがエネルギーを消耗しないで済むし、楽で楽しい。

変えられないことを変えようと抗うのは得策じゃありません。

すべてを信じて好きなことと得意なことをしていれば、おのずと人生は楽しい方向に向かうと思うんですね、僕は。