僕は昔から無料ブログなどを使用していましたから、このPING送信とは結構長い付き合いになります。

2003年くらいからブログが流行し始め、自分が投稿した記事を世に知らせるために発信するPINGですが、最近ではこのPING送信が無意味になってきているように感じます。

というかもう意味ない!

PINGのメリットを考えるに、インデックスを早めたり、いろいろなサイトから呼び込んだりというのが目的でしたが、インデックスはサーチコンソールのFetch as googleを使えばいいし、PING送信によって外部サイトから流入があったことはありません。

ブログ村とかブログランキングからの流入はありましたが。

そのことから考えても今じゃPING送信はデメリットにしかなりません。

PING送信のおかげで実は投稿にかかる時間が長くなります。

大したデメリットじゃないんですが、PING送信は記事を更新するたびに送信されます。

そうなるとスパム的だし、あまり頻繁には送信したくないのがPINGです。

あと、これは仮説なんですが、PING送信リストを多めにしたブログと少なめにしたブログでは海外からのスパムサイトからの被リンク数が違ったんですね。

PING送信先リストが少ないほうが海外から変な被リンクが圧倒的に少なかったのです。

それを発見して以来僕はPINGの送信先をヤフーとグーグルとグーのみの3つ4つに減らしました。

気分的にこれくらい残しましたが、PING送信なんてもうなくてもいいと思っています。

メリットよりもデメリットの方が多く感じるんですね、PING送信というやつは。。